tokyo.sora(Δ版)

久々に、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

第8戦 カナダGP

FI1484553_0E.jpg
F1Live.com
のコピペです。

======================================================

最後の最後でトラブルに泣いた前戦ヨーロッパGPの雪辱を果たしたライコネンは今季3勝目、通算5勝目を挙げ、次戦アメリカGPに弾みをつけている。

2、 3位にはシューマッハバリチェロが入り、フェラーリが久々にダブル表彰台を獲得。4位にはフェリペ・マッサザウバー)、5位にはマーク・ウェ バー(ウィリアムズ)、6位にはラルフがつけてトヨタが3ポイントを獲得した。また、7位と8位にはそれぞれデビッド・クルサード、クリスチャン・クリエ ンのレッドブル勢が入り、地元での活躍が期待されたジャック・ビルヌーブザウバー)は9位完走と惜しくも入賞を逃す結果となった。

======================================================

ホ ントにこんなに大荒れのレースは久しぶりに観ました。フィジケラ、バトン、アロンソモントーヤの上位陣が次々に消え、気が付けばライコネンが優勝し、 ピットスタートバリチェロが4位という結果だった。カナダだったので、かなり遅い時間から放映していたが、あくびすることなく飽きずに観られたグランプ リだった。
次回は、6月19日アメリカGP。
まだ、つらい寝不足の日が続きます。今度さらに遅い2時50分の放映かつらいなあ・・・。