tokyo.sora(Δ版)

久々に、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

第4戦 サンマリノGP

FI1291468_0E.jpg
F1LIVE.com
のコピペです。

=================================

ア ロンソ対シューマッハの新旧対決と同時に、ミシュランブリヂストンのタイヤ戦争にも注目が集まったクライマックスは終始、手に汗握るテイル・トゥ・ノー ズの接近戦。シューマッハのプレッシャーに耐えるアロンソと、アロンソを抜きあぐねるシューマッハの見応えのある神経戦が展開されてたが、これを制したの は、今シーズン波に乗るアロンソ。2戦連続使用の厳しいエンジンで窮地をしのぎ、3連勝を成し遂げた。これでアロンソは獲得ポイントを36 に伸ばし、ポイントリーダーの座をさらに固めている。

一方、最後までアロンソを肉薄したシューマッハも今季初表彰台。フェラーリ&ブリヂ ストンが復活のきっかけをつかんだ。また、B・A・R Hondaもバトンが3位表彰台、4位のブルツを挟んで、琢磨も5位入賞と、今シーズン初表彰台とポイント獲得を果たした。トヨタトゥルーリとラルフが 各々、7、8位に入り、ダブルポイントを獲得。6位には苦しい戦いを続けてきたビルヌーブが、うれしい初ポイントを手にしている。

=================================

今回は、更新状態をみても分かる通りテレビを観てなかったので、結果だけ載せます。
でも、こういう観てない時に限って、内容がおもしろかったりするんだよなあ。
それにしても、アロンソ3連勝強いです。