tokyo.sora(γ版)

久々に、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

第8戦  イタリアGP

f:id:hiro-jp:20200906180119j:plain

1.P.ガスリー(アルファ・タウリ)
2.C.サインツマクラーレン
3.L.ストロール(レーシングポイント)
4.R.ノリス(マクラーレン
5.V.ボッタス(メルセデス
6.D.リカルド(ルノー
7.L.ハミルトン(メルセデス)★
8.E.オコン(ルノー
9.D.クビアト(アルファ・タウリ)
10.S.ペレス(レーシング・ポイント)


雨でもないのに大波乱のレースになったイタリアGP 。
きっかけは、ルクレールのアクシデントから始まった、ハミルトンのペナルティでした。
本当にフレッシュな表彰台、24歳、26歳、21歳。
新たな時代が着実にやってくる感じがしました。
ガスリーは、初優勝。フランス人としては、1996年モナコパニス以来、24年ぶり。
チームの優勝としては、トロ・ロッソ時代の2008年イタリア以来になります。
母国GPを制したのは、アルファ・タウリでした。
ガスリーは、アルファ・タウリに行ってからなんか調子がいい感じです。
近いうちにレッドブルに戻れるのかな?
そして、ウィリアムズ家最後のレースは11位ラティフィ、14位ラッセルで終わりました。
副代表クレア・ウィリアムズさん、長い間お疲れ様でした。
次戦は、9月13日 F 1 初のムジェロでトスカーナGPです。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(F1)