tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

『天地明察』

f:id:hiro-jp:20170214021225j:plain

あらすじは、
太平の世が続く江戸時代、算哲は碁打ちとして徳川家に仕えていたが、算術にもたけていた。もともと星を眺めるのが何よりも好きだった彼は、ある日会津藩主の保科正之の命を受け、北極出地の旅に出ることになる。
算哲らの一行は全国各地をくまなく回り、北極星の高度を測り、その土地の緯度を計測するという作業を続ける。

数々の賞を受賞した冲方丁原作の映画化ということで、本はしっかりとしていました。
ちょっと、尺は長いですが、見応えは充分でした。
「たかが暦、されど暦」というセリフに代表されるように暦で、こんな壮大なドラマが描けるとは思いもよりませんでした。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日本映画)