tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

今日のおやつ(11/16)

f:id:hiro-jp:20171116152417j:plain

ピーターパン@千葉
他にも色々買ったけど、ここの名物は元気印のメロンパン(¥140)
外はサクッ、中はふわ。
メロンパンは、あまり好きでないけどここのメロンパンはおいしいと思います。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ピーターパンjr.ペリエ千葉エキナカ店 http://peaterpan.com/shop/jr-periethiba
千葉県千葉氏中央区新千葉1−1−1 
TEL 043−445−8361
Open 月〜土7:00〜22:00 
     日・祝9:00〜21:00   
Close なし

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])

第19戦 ブラジルGP

f:id:hiro-jp:20171115091629j:plain

1.S.ベッテルフェラーリ
2.V.ボッタス(メルセデス
3.K.ライコネンフェラーリ
4.L.ハミルトン(メルセデス
5.M.フェルスタッペン(レッドブル
6.D.リカルド(レッドブル
7.F.マッサ(ウィリアムズ)
8.F.アロンソマクラーレン
9.S.ペレス(フォース・インディア
10.N.ヒュルケンベルグルノー

 

ベッテルがポールのボッタスをオーバーテイクして、ハンガリーGP以来7戦ぶりの優勝。
後半のライコネンとハミルトン、マッサとアロンソとペレスのそれぞれのバトルがなかなか楽しめました。
今季で引退するマッサ、最後の母国GPでいい走りを見せくれました。
なんか、去年のブラジルGPでのやり直しが出来たような感じで、晴れ晴れとした顔をしながら、インタビューを受けていたのが印象的でした。
いよいよ、今季最終戦11月26日アブダビGPです。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(F1)

渋谷駅再開発#36【2017 11/12】

f:id:hiro-jp:20171112135209j:plain

渋谷駅前交差点から。
この時点で、18階になりました。

 

f:id:hiro-jp:20171112144432j:plain

宮益坂下から。

 

f:id:hiro-jp:20171112144832j:plain

渋谷警察署前歩道橋から。
ガラスの壁面が上に伸びてきました。

 

f:id:hiro-jp:20171112145359j:plain

道玄坂1丁目駅前から。
重機がなくなってきたので、いよいよ躯体工事が始まりそうです。

 

f:id:hiro-jp:20171112145900j:plain

道玄坂1丁目から

 

f:id:hiro-jp:20171112143545j:plain

渋谷ストリーム。
この日は、天気が良く太陽の位置の関係で撮れず、246号の方からの観測となりました。

 

f:id:hiro-jp:20171112143605j:plain

渋谷ストリーム上。

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(東京都)

『夜空はいつでも最高密度の青色だ』

f:id:hiro-jp:20171109182204j:plain

あらすじは、
2017年東京。看護師の美香は病院に勤める傍ら夜はガールズバーで働き、漠然とした不安や孤独の中で日々過ごしていた。一方、工事現場での日雇い仕事に従事する慎二は、常に死の気配を感じながらも何とか希望を見いだそうとしていた。排他的な都会で生きづらさを抱えつつも、懸命に生きるすべを模索する二人が出会う。

 

一本目のPARKSが昼の世界なら、こちらは夜の世界を描いている感じの映画です。
ヒロインを演じている石橋静河は、石橋凌の娘なんだけど、あまり2世俳優ぽっくない存在感。最初見た時は、年齢不詳な感じだったので、調べてみたらなんと23歳!
とても、落ち着いた感じです。同年代の女優さんとは一線を画した演技を見せてほしいものです。
この映画の夜は、とてもいい撮り方をしています。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(東京都)(F1)(日本映画)

『PARKS』

f:id:hiro-jp:20171109140402j:plain

一昨々日のこと。
久々に早稲田松竹で映画を見ました。
今回は、『PARKS』と『夜空はいつでも最高密度の青色だ』の2本立て。
前回見たのは、『好きだ』以来なので年ぶりです。
早稲田松竹は、シネコン全盛の時代に、都内で2本立てを観ることができる貴重な映画館です。

 

f:id:hiro-jp:20171109181833j:plain

あらすじは、
井の頭公園の脇にあるアパートでひとり暮らしを送る女子大生・純の部屋に、見知らぬ女子高生ハルが突然訪ねてくる。ハルは亡き父親について小説を書くため、父親の元恋人である佐和子という女性を探しているのだという。ハルを手伝うことにした純は、佐和子の孫トキオから彼女が既に亡くなったことを知らされる。数日後、トキオが祖母の遺品の中からオープンリールテープを発見し、再生してみるとハルの父親たちによるラブソングが収録されていた。感動した純たちは、テープが劣化して途中までしか聞くことができないその曲の続きを自分たちで作ろうとするが・・・。

井の頭公園開園100周年を記念して、作られた作品です。
ポップな感じに仕上がっていて、軽く観るにはちょうどいい映画です。
地元密着というか一つの町を舞台にした映画は親近感が湧くので好きです。
森崎書店の日々』を思い出しました。

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日本映画)

『東京家族』

f:id:hiro-jp:20171108022827j:plain

あらすじは、
瀬戸内海の小さな島で生活している夫婦、平山周吉ととみこ。東京にやって来た彼らは、個人病院を開く長男・幸一、美容院を営む長女・滋子、舞台美術の仕事に携わる次男・昌次との再会を果たす。
しかし、仕事を抱えて忙しい日々を送る彼らは両親の面倒を見られず、二人をホテルに宿泊させようとする。そんな状況に寂しさを覚えた周吉は、やめていた酒を飲んで騒動を起こしてしまう。一方のとみこは、何かと心配していた昌次の住まいを訪ね、そこで恋人の間宮紀子を紹介される。

 

まあまあ良かったけど、やはりオリジナルは越えられません。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日本映画)

天神坂(てんじんざか)

 

f:id:hiro-jp:20130309142805j:plain

 【府中市宮町】
この坂の名は、大国魂神社末社「天神社」がまつられている天神山に由来します。この山は「国造山」とも呼ばれています。
天神社は普通「てんじんしゃ」と呼ばれ、菅原道真を祭神とする天満宮と混同されていますが、本来は「あまつかみのやしろ」と呼ぶのが正しいようです。そのため、この神社の祭神は菅原道真ではなく、少彦名命です。
天神社は、古くから人々の信仰をあつめ、道の名や地名として今に伝えられています。

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(東京都)