tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

今日のランチ(10/21)

f:id:hiro-jp:20171021111036j:plain

日清焼きそばU.F.Oビックわさマヨ地獄
地獄を見ました。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])

今日のランチ(10/19)

f:id:hiro-jp:20171019112936j:plain

かやば町えどまつ@茅場町
白レバ重(¥900)
最近のマイブームは、茅場町・八丁堀界隈のランチ。
兜町が隣の町なので、お昼になると証券マンが列を為すため、その前に行くのがいいです。
普通のレバより柔らかい食感で美味しく頂きました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
かやば町えどまつ
中央区日本橋茅場町2−6−9 
TEL 03−3639−9911
Open 11:00〜14:00
     17:30〜23:00
Close 土・日・祝

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(東京都)

『エルネスト』

昨日のこと、公開前から気になっていたエルネストを観てきました。

 

f:id:hiro-jp:20171019121159j:plain

あらすじは、
日系二世として生まれ、医者になることを夢見るフレディ前村キューバハバナ大学に留学した彼だったが、キューバ危機に直面する。混乱の中でチェ・ゲバラと出会ったフレディは、その理念やカリスマ性に感銘を受ける。
やがてゲバラの部隊に加入した彼は、ゲバラのファーストネームであるエルネストを戦士名として本人から授けられる。そして、ボリビアの軍事政権を倒す戦いに身を投じるが・・・。

 

主演のオダギリジョーが全編スペイン語でものすごく良かったので、とても自然な感じで観ることができました。
この映画では、キューバの通商使節団としてチェ・ゲバラが日本訪れているということやチェ・ゲバラと共に戦った日系ボリビア人がいたということなどあまり知らないことがあったので、なかなか見応えがありました。
まあ、チェ・ゲバラは評価が分かれるので、自然とこの映画の評価も分かれますがおいらはなかなかいいと思います。
今年はチェ・ゲバラの死後50年になります。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日本映画)

貴重な晴れ間。

f:id:hiro-jp:20171018134342j:plain

今日は、久々の晴れ。
と言っても、雲が多いですけど。
明日の未明からまた雨で、週末は颱風21号が襲来。
今日は、貴重な晴れ間でした。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])

今日のGoogle(10/16)

f:id:hiro-jp:20171016094630j:plain

今日のGoogleロゴは、オラウダ・イクイアーノ(1746〜1797)生誕272周年。
ナイジェリア出身の反奴隷貿易運動として活動した人とです。
ナイジェリアの部族の酋長の息子として生まれましたが、11歳の時、親が留守中に妹と一緒にさらわれ、奴隷商人へと売られました。
その後、何度か奴隷と転売され、最後の主人ロバート・キングの時に、彼の購入金額で自由を与えると約束をしました。
この頃、イクアーノはカリブ海諸島との貿易で成功します。
そして、1767年に約束の金額を貯め、自由を買い取りました。
その後、イギリスに移住しましたが、海で貿易の活動の仕事を続けました。それと同時に反奴隷貿易運動の象徴的存在としても活動をしました。
1789年に自伝『アフリカ人、イクイアーノの障害の興味深い物語』を出版。なお、自伝は2012年に邦訳されています。
この自伝の出版時に、オラウダ・イクイアーノの名を使いました。
この自伝は、イギリスとその植民地のアフリカ貿易を終結させた奴隷貿易の制定(1807年)の後押しとなりました。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])

展示品!?

 

f:id:hiro-jp:20171014134321j:plain

これは、展示品のようですが、事件の証拠品を並べているのです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
話題の発端となったのは、関東地方(神奈川、埼玉、栃木、茨城、群馬)と福島の計6県の計20高校で、硬式野球部の野球用具が大量に盗難された事件だった。盗まれた野球用具は全校あわせてボール9300個、バット31本、グラブ16個に及んだ。

 この連続盗難事件に関連して、栃木県警などは2017年10月2日、埼玉県内の高校から金属バット12本とボール120個を盗んだとして、建造物侵入と窃盗の疑いで茨城水戸市に住む男2人を逮捕した。この男2人が残りの盗難事件にも関与していると見て、捜査を進めている。

 こうした事件をめぐって、押収品の野球用具を公開した宇都宮東署が、インターネット上で思わぬ注目を集めることに。10月2日にマスコミ向けに展示した押収品の陳列方法が、「スゴすぎる」と話題になったのだ。

 土で茶色く汚れたボールはピラミッド状に高く積み上げられ、箱に入った新品のボールは「縫い目」まで綺麗に揃っている。さらに、2本の金属バットは斜めにクロスする形で配置。まるで、展示品を並べているかのような気合いの入れようなのだ。
いったい、なぜここまで綺麗に押収品を陳列したのか。宇都宮東署の生田目(なばため)謙一副署長は4日のJ-CASTニュースの取材に、「証拠品は丁寧に扱うのが基本ですが」とした上で、
「今回の事件では、高校球児がいつも練習で使っているボールやバットが盗まれました。球児の汗や涙が染みこんだ野球用品を、ただ雑然と『押収品』として並べるのでは、被害に遭われた皆さんに申し訳ない、そう考えました」
と話した。
   生田目副署長によれば、今回の野球用品の陳列にあたったのは、刑事1課の捜査員2~3人。陳列にかかった時間は30分ほどで、「通常の業務に支障が出ない範囲で作業した」とした。ボールをピラミッド状に積みあげるために、木材を使って専用の土台を組んだという。
   なお、2つあるピラミッドを作るのに使ったボールは計770個(一山385個)。縫い目を揃えたボールは計168個に及んだという。
   今回、インターネット上で陳列のテクニックを称賛する声が相次いでいることについて聞くと、生田目副署長は、
「警察が証拠品を大切に扱っているということが、皆さんに伝わる機会になったならば幸いです。そういう意味では、いい仕事ができたんじゃないでしょうか」
と笑っていた。
Jcastニュースより)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

証拠品を並べている画は、よく見るけど、こんなに綺麗に並べているのは初めて見ました。
なんだか、何かの記念展示品みたいです。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])

『父と暮らせば』

f:id:hiro-jp:20171014030912j:plain

あらすじは、
3年前広島に落とされた原爆で家族や友を失い、一人暮らしをする美津江の前に、突然亡くなったはずの父が現れる。彼女は父に勤務先の図書館で会った青年の話をする。

 

基本的に宮沢りえ原田芳雄のワンシチュエーション。
ちょっと、舞台のような作りだけど、これだけで見せられるのは二人の力量があるからだと思います。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日本映画)