tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

N700S

一昨々日のこと。
来夏、営業運転開始予定の東海道新幹線N700Sを見ることができました。

 

f:id:hiro-jp:20190717215519j:plain左、N700A
右、N700S
N700AとN700Sの違いは、N700Sがちょっと先端がボコッとなっています。
そして、運転席の窓の位置が高いです。
あと、脇の青のラインが互い違いになっています。
試験走行を繰り返しているので、汚れています。

 

f:id:hiro-jp:20190717215547j:plain

 

f:id:hiro-jp:20190717215708j:plain1号車の運転席の扉
編成番号は、J0。

 

f:id:hiro-jp:20190717220314j:plain正確には、N700SはN700Supreme
Supremeは、「最高」の意味です。
金色の文字を使っていて、最高感を出しています。

 

f:id:hiro-jp:20190717220406j:plain車内は目隠しをしているので、ほとんど見えませんが、辛うじ見えるのが旅客扉から。

 

f:id:hiro-jp:20190717220602j:plain

 

f:id:hiro-jp:20190717221035j:plain

16号車まで歩いて着いたら、すぐに出発してしまいました。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(東京都)

古市氏、また落ちる。

昨日のこと。
第161回芥川書・直木賞の選考会がありました。


芥川賞に今村夏子さん「むらさきのスカート女」、直木賞に大島真寿美さん「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」
産経新聞より)

www.sankei.com

第161回芥川賞直木賞日本文学振興会主催)の選考会が17日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は今村夏子さん(39)の「むらさきのスカートの女」(小説トリッパー春号)に、直木賞大島真寿美さん(56)の「渦 妹背山(いもせやま)婦女庭訓(おんなていきん) 魂結(たまむす)び」(文芸春秋)にそれぞれ決まった。
 芥川賞受賞作は、近所で「むらさきのスカートの女」と呼ばれている有名人の友達になりたいと願う女性「わたし」が主人公。同じ職場で働くように画策するなど、狂気とも紙一重の「わたし」の孤独な追跡と観察の日々がユーモアを交えて描かれる。
 今村さんは昭和55年、広島市生まれ。大阪の大学を卒業後、菓子工場などのアルバイトを転々とした。平成22年に「あたらしい娘」(「こちらあみ子」に改題)が太宰治賞を受けてデビュー。翌23年に、同作を収めた単行本「こちらあみ子」で三島由紀夫賞。29年に「あひる」で河合隼雄物語賞、「星の子」で野間文芸新人賞をそれぞれ受けた。芥川賞候補は3回目。
 芥川賞選考委員の小川洋子さんは「いるのかいないのか分からない不思議な存在を鏡にして、それに写る自分を描くという構造が成功している。(今村さんは)狂気を突き抜けた先にある哀れさを描ける人」と評した。
 一方、直木賞受賞作は、芝居小屋が立ち並ぶ江戸期の大坂・道頓堀が舞台。「妹背山婦女庭訓」などの名作を生み出した浄瑠璃作者、近松半二(1725~83年)の生涯を通して、文楽の魅力を浮き彫りにする時代小説。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

f:id:hiro-jp:20190718100701j:plain

またもや、古市さん連続で芥川賞にノミネートされるも落選。
次は、3度目の正直となるか2度あることは3度あるになるのか。
今度、古市さんが芥川賞にノミネートされたら注目です。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])

第10戦  イギリスGP

f:id:hiro-jp:20190717234048j:plain

1.L.ハミルトン(メルセデス)★
2.V.ボッタス(メルセデス
3.C.ルクレールフェラーリ
4.P.ガスリー(レッドブル
5.M.フェルスタッペン(レッドブル
6.C.サインツマクラーレン
7.D. リカルド(ルノー
8.K.ライコネンアルファロメオ
9.D.クビアト(トロ・ロッソ
10.N.ヒュルケンべルグ((ルノー


ハミルトンが母国GPで勝ちました。
しかし、なんとなくボッタスとの関係が微妙な感じでした。
ルクレールは孤軍奮闘で表彰台。
そして、ベッテルはフェルスタッペンとの接触で大きく順位を下げ完走したもののポイント圏外に落ちました。
ベッテルもこんなミスが続くとチームでの立場が微妙な感じになります。この焦りがベッテルの弱さではないでしょうか?
そして、勝つべくして勝つ、これが今のハミルトンの強さだと改めて思いました。
次戦は、7月28日 ドイツGPです。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(F1)

しいのき迎賓館( 旧石川県庁本館)

f:id:hiro-jp:20181117152250j:plain

【石川県金沢市広坂2−1−1】
設計:矢橋賢吉
竣工年:1924年(大正13)
Photo:2018年11月
旧石川県庁本館は、1924年(大正13)に竣工した鉄筋コンクリート造の建物で、設計は、矢橋賢吉で明治建築界三大巨匠の一人で妻木頼黄の片腕で、国会議事堂・旧総理大臣官邸・枢密院庁舎(現皇宮警察本部)などがあります。
県庁として、1924〜2002年の78年間使用され、その後は、旧県庁者の前面部分と、天然記念物である『堂型のシイノキ」との一体的な外観や歴史的な意匠が残る玄関掘る。中央階段を活かして、2010年(平成22)に再生保存したものです。
現在、会議室・レンストラン・観光案内などの複合施設になっています。

 

f:id:hiro-jp:20181117152357j:plain外壁は、このころ流行ったスクラッチタイルが使われている。

 

f:id:hiro-jp:20181117151536j:plain背面は、一転してガラス張りになっています。

 

f:id:hiro-jp:20181117152830j:plainなかから、金沢城を望む。
中もかなり改装しているけど、県庁時代の部分も残しています。

 

f:id:hiro-jp:20181117152504j:plain県庁時代の意匠を残している中央階段。

 

f:id:hiro-jp:20181117153053j:plain

 

f:id:hiro-jp:20181117152638j:plainうるしの石川県地図
伝統技法により蒔絵の上に沈金が施されており、1987年(昭和62)から設置されているものです。

 

f:id:hiro-jp:20181117153125j:plain竣工当時からあるステンドグラス。
公共の建物なので、華美さはないけどさりげない装飾でいいです。

 

f:id:hiro-jp:20181117153358j:plain

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])

渋谷駅再開発#56【2019 7/11】

今月4日、ついに渋谷スクランブルスクエアが11月1日に開業が決まりました。
この定点観測もいよいよ新たなフェーズを迎えます。

 

f:id:hiro-jp:20190711151725j:plain渋谷駅前交差点から。

 

f:id:hiro-jp:20190711152215j:plain宮益坂下から。
だいぶ、銀座線渋谷駅が出来てきました。

 

f:id:hiro-jp:20190711160140j:plain渋谷警察署前歩道橋から。
ちょっと、わかりにくいですが植栽が出来てきました。

 

f:id:hiro-jp:20190711154510j:plain渋谷スクランブルスクエア上。
中の灯りがついているので、内装がすすんでいることがわかります。

 

f:id:hiro-jp:20190711154554j:plain渋谷スクランブルスクエア下。
ここからだとよく植栽が見えます。

 

f:id:hiro-jp:20190711154631j:plainヒカリエからのアべマタワーズと渋谷パルコの眺め。
渋谷パルコは、11月下旬開業予定です。

 

f:id:hiro-jp:20190711154755j:plain渋谷ストリームと渋谷スクランブルスクエアの間から見える桜丘地区。
ほぼ、取り壊しが終わった感じです。

 

f:id:hiro-jp:20190711160437j:plain246号沿いからみた渋谷スクランブルスクエア1階部分。
おそらく、渋谷スクランブルスクエアのロゴが養生されていて見えません。

 

f:id:hiro-jp:20190711160844j:plain渋谷フクラス(道玄坂1丁目改め)
囲いの感じは、先月と同じ感じです。
フクラスは、12月上旬は開業予定です。
渋谷は、11〜12月にかけて大きく変わります。

 

f:id:hiro-jp:20190711161445j:plain渋谷フクラスのロゴ。

 

f:id:hiro-jp:20190711160831j:plain渋谷桜丘地区
だいぶ取り壊しが進んできました。
ここからだと、桜丘地区の取り壊しは、ほぼほぼ終了。

 

f:id:hiro-jp:20190711162109j:plain渋谷西口歩道橋からの眺め。
埼京線の渋谷駅がよく見えます。
ここに街があったとは思えないほど、すっきりしています。

 

f:id:hiro-jp:20190711163027j:plain桜丘地区の完成予定図。
左後が、渋谷駅方面になります。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])

いだてん第26回「 明日なき暴走」

体協一同、治五郎が15年かかって出来なかったことを政治がいとも簡単ににやることに呆然。
水泳総監督の政治は竹虎にアムステルダムに行く許しを得ようとするが、「お前は朝日新聞社の政治部記者だ」と言われる。
久々に四三登場。アムステルダムで、女子陸上競技が採用された。
ところが、体協では女子の派遣に消極的。
たが、ここでも政治の話に乗せられ、人見さんのアムステルダムが決定する。
1928年(昭和3)第9回アムステルダムオリンピック開幕。
女子100m人見さんは、まさかの4位。
しかし、悔しい人見さんは800m出場を懇願。
そして、銀で日本人初のメダルを獲得する。
3段跳びで織田幹雄は、日本人初の金メダル。
水泳陣は、メダルラッシュ
結果、日本は5つのメダルを獲得しました。
そして、最後に人見さんのナレ死で終わります。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])

今日のスイーツ(7/7)

f:id:hiro-jp:20190707002806j:plain

フェルムラ・テール美瑛@美瑛(西船橋Monthly Sweetsにて)
大地のプリンウ・オ・レ(¥356)
滑らかな食感でしっかりとした甘さでおいしくただきました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ラ・テール https://www.laterre.com

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])