tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

『告白』

f:id:hiro-jp:20180719230942j:plain

あらすじは、
とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく。


湊かなえ作品は、本、ドラマ、映画を通して初見ですが、正直なところ面白さがわからなかった。
おいらにとって、湊かなえは第2の東野圭吾になりそうです。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日本映画)

新宿スバルビル

f:id:hiro-jp:20180717161611j:plain

【新宿区西新宿1−7−2】
設計:不明
竣工年:1966年(昭和41)1月
Photo:2018年7月
新宿駅西口のラントマーク的存在の新宿スバルビル。
実は今月21日で閉鎖され、来月には解体工事が入ります。
解体後は、周辺一帯の開発が検討されているそうですが、今の段階では決まってないそうです。
元々は、SUBARU(旧富士重工業)の本社ビルとして建てられたものです。

 

f:id:hiro-jp:20180717162120j:plain

入口。

 

f:id:hiro-jp:20180717162352j:plain

エレベーターホール

 

f:id:hiro-jp:20180717162653j:plainスバルビルといえば、地下部分にある新宿の目。
解体工事は、地上部分が対象で、地下の部分である新宿の目は当面残ります。

 

f:id:hiro-jp:20180717164632j:plain
学生時代、スキーやゼミ旅行などでお世話になった新宿駅西口。
スバルビルを見ると帰ってきた感じがした思い出があります。
今後は、新宿駅西口がどう変わるのか注目です。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(東京都)

きのうのできごと。(7/14)

昨日は、足を痛めながらも森アーツセンターギャラリーでやっている創刊50周年記念週間少年ジャンプ展VOL3のプレオープンに行ってきました。

 

f:id:hiro-jp:20180714193957j:plain

今回は、2000年代〜ということで、知っている漫画はだいぶ少ないですが、楽しめました。

 

f:id:hiro-jp:20180714183546j:plainやはりこの時代といえば、ONE PIECE

 

f:id:hiro-jp:20180714203323j:plainおまけ
テレビ朝日の夏祭りで展示のドラえもん

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(東京都)

腕、首、足。

今年になって痛ためた箇所。
腕は、1月。
首は、今月初め。
足は、一昨々日。
厄年ではないけど、厄年並みにあちこちにガタがきています。
ということで、今日はひとやすみ。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])

雪見坂(ゆきみざか)

f:id:hiro-jp:20140426152956j:plain

大田区東雪谷】
かつて、この坂より富士山の雪がよく見えたため、雪見坂と呼ばれるようになった。昭和6年から昭和9年まで行われた耕地整理により、道路が整備された後に付けられた坂名です。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(東京都)

『GONIN』

f:id:hiro-jp:20180712030657j:plain

あらすじは、
バブル崩壊により暴力団・大越組に多額の借金を抱えてしまった ディスコのオーナー万代。彼はさまざまな出会いにより知り合った4人の男たちと共に、大越組事務所からの現金強奪を実行する。


しかし、それも些細なミスから大越組に知れ、彼らは命を狙われることになる。
もっと、アクションシーンがあるかと思いきや、割と地味に殺されていきます。
そして、ラストは割とシュールです。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日本映画)

鎌倉七福神巡り━其之参━

鎌倉七福神巡り━其之弐━からの続き

tokyosora.hatenablog.com

長谷寺
長谷寺は、過去何回も行っているので省略したんですけど、過去の記事でちゃんと紹介していないので、次回は紹介したいと思います。

 

f:id:hiro-jp:20180623131525j:plain観音堂に続く階段の所に咲いていた紫陽花。

 

f:id:hiro-jp:20180623130642j:plain書院の庭
枯山水です。

 

f:id:hiro-jp:20180623130546j:plain弁天窟

 

f:id:hiro-jp:20180625112010j:plain長谷寺御朱印

 

f:id:hiro-jp:20180623133629j:plain約1年ぶりの御霊神社

 

f:id:hiro-jp:20180623134147j:plain江ノ電沿いの紫陽花

 

f:id:hiro-jp:20180625112046j:plain御霊神社御朱印

 

f:id:hiro-jp:20180623142914j:plain



江島神社
江島神社の始まりは欽明天皇の勅命で、島の洞窟に神様を祀ったのが始まりと伝えられています。
その後、700年(文武天皇4)に役 小角という修験者が、江ノ島の御窟に参籠して神感を受け、修験場を開きました。これに続き、名僧が参籠したと言われています。
そして、814年( 弘仁5)空海が岩屋本宮、853年(仁寿3)慈覚大師が上之宮(中津宮)、1206年(建永元)慈覚上人良真が源実朝に願って下之宮(辺津宮)を創建しました。
その後、1649年(慶安2)に仏教との習合により、金亀山与顔寺と号しますが、明治初年の廃仏毀釈によって江島神社に戻ります。
この時に本宮と御旅所は奥津宮、上之宮は中津宮、下之宮は辺津宮と改称し、海の神、水の神、幸福・財宝を招き、芸道上達の功徳を持つ神として仰がれています。
江島神社から参道を望む

 

f:id:hiro-jp:20180623144241j:plain瑞心門

 

f:id:hiro-jp:20180623144631j:plain辺津宮

 

f:id:hiro-jp:20180625112125j:plain江島神社御朱印
七福神の結願の印があります。
これで無事に終わり帰途に着きました。

 

f:id:hiro-jp:20180623155636j:plain久しぶりの小田急片瀬江ノ島駅

 


鎌倉七福神巡り━おわり━

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])