tokyo.sora(Δ版)

久々に、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

第14戦トルコGP

f:id:hiro-jp:20201117235418j:plain

1.L.ハミルトン(メルセデス
2.S.ペレス(レーシング・ポイント)
3.S.ベッテルフェラーリ
4.C.ルクレールフェラーリ
5.C.サインツマクラーレン
6.M.フェルスタッペン(レッドブル
7.A.アルボン(レッドブル
8.R.ストロール(レーシングポイント)
9.R.ノリス(マクラーレン)★
10.D.リカルド(ルノー


ハミルトンが4年連続7度目のワールドチャンピオン。
これで、シューマッハの7回に並びました。
ベッテルは今季初の表彰台。
ポールスタートのストロールは、2回目のタイヤ交換までは、トップを走っていたけど、その後は後退していきました。
レースとしては、ウェットスタートでレーシングポイント勢がフロントロー独占という状態で波乱を予感したけど、結局はハミルトンが勝つという結果になり、今季の圧倒的な強さが際立ちました。
次戦は、11月29日バーレーンGPです。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(F1)