tokyo.sora(γ版)

久々に、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

高倉健さん、死去。

f:id:hiro-jp:20141118230719j:plain

訃報:高倉健さん83歳=俳優「網走番外地」「鉄道員」 - 毎日新聞

毎日新聞より)

 

網走番外地」シリーズ、「幸福の黄色いハンカチ」「鉄道員(ぽっぽや)」など日本映画史上に残る名作に主演し、「健さん」の愛称で親しまれた俳優 で文化勲章受章者の高倉健(たかくら・けん<本名・小田剛一=おだ・ごういち>)さんが10日午前3時49分、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去し た。83歳。

福岡県中間市出身。幼少期は病弱だったが、中学時代からボクシングと英語に興味を持ったという。福岡県立東筑高校から明治大学商学部に進学。在学 中は相撲部のマネジャーも務めた。大学卒業後の1955年、東映東京撮影所所長にスカウトされ、東映ニューフェイス第2期生として東映入社。同期に今井健 二、丘さとみらがいる。

 56年に映画「電光空手打ち」で主演デビュー。元々俳優志望ではなく、顔にドーランを塗り、化粧をした自分を鏡で見て、情けなくて涙が止まらな かったという。アクション、青春もの、時代劇にも出演したが、63年の「人生劇場 飛車角」以降、任(にん)きょう映画を中心に活躍。60年代中盤から 70年代前半にかけて「日本きょう客伝」、「網走番外地」、「昭和残きょう伝」シリーズなどが爆発的にヒット。東映の看板スターになり、映画スターの地位 を確立し、主題歌も歌った。

 70年に高倉プロを設立。出演映画の問題で東映と意見が合わず、東映も「仁義なき戦い」以降、任侠映画から実録路線に変更。76年に東映を退社す る。フリー転向後、「君よ憤怒の河を渉れ」(76年)で任侠映画のイメージから脱却し、以降幅広い作品に出演。「幸福の黄色いハンカチ」(77年)では、 毎日映画コンクール男優演技賞のほか、第1回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞も受賞した。

 このほか、パニックサスペンスの傑作「新幹線大爆破」(75年)、「冬の華」「野性の証明」(78年)、動乱(80年)、「駅 STATION」 (81年)、「海峡」(82年)、「南極物語」「居酒屋兆治」(83年)、「あ・うん」(89年)など代表作多数。「鉄道員(ぽっぽや)」(99年)では モントリオール世界映画祭最優秀男優賞を受賞。「ブラック・レイン」(89年)、「単騎、千里を走る。」(2006年)など海外の作品にも多く出演した。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ある時から、このブログでは訃報記事を書かなくなって、大晦日に振り返ることにしてたけど、TVで訃報を知った時には驚いた衝撃が大きかったので、スティーブ・ジョブズ以来の記事にしてみました。
健さんを最初に見たときの記憶は、『南極物語』。
タロ・ジロたちを南極に置き去りして、色々と苦悩する。そして、タロとジロと再会するシーンは、子供ながらに感動しました。
その他にも、『幸福の黄色いハンカチ』、『駅 STATION』、『鉄道員』、『八甲田山』、『ホタル』、『あなたへ』と観たけど、どれも印象に残るものでした。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])