tokyo.sora(Δ版)

久々に、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

TV

いだてん第44回「ぼくたちの失敗」

政治は、結局出ることを決断する。しかし、国内では出場したことによるバッシングが起こり、戦犯探しが始まってしまう。このままでは、状況が不利になり、名前を変えて しのごうとするが失敗する。大会が終わり、帰国するが「強気な態度」と新聞に書かれる。…

いだてん第43回「ヘルプ 」

治五郎さん死んでもなお登場しています。1962年(昭和37)、2年後オリンピックに間に合うよう突貫工事をしています。古今亭五りん、政治と面接し、オリンピックの宣伝部長に任命する。大松監督の、レシーブを受ける。そんななか、農林大臣になった河…

いだてん第42回「 東京流れ者」

1961年(昭和36)6月丹下さんと亀倉さんがタクシーに乗っていて、聖火リレーの話をしていてアテネから東京まで運べるのか話していたら、運転手の森西さんがアテネから東京まで運べのか調査する聖火リレー踏査隊の運転手になってしまう。女子バレーは…

いだてん第41回「おれについてこい」

編集上の断りから始まりました。 東京オリンピック組織委員会事務総長になった政治。そこに絡もうとする政治家。日紡貝塚の大松監督も登場。政治、鬼の大松に圧倒される。オリンピックの準備は着々とすすむ。グラフィックデザイナーに亀倉雄策。記録映画に黒…

いだてん第40回「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

時は流れ、1959年(昭和34)オリンピック招致できるかどうかの瀬戸際。NHK解説員となった平沢さんは、オリンピック招致に反対し、その説得のために、昔話をしています。 ここからは、回想シーン。戦後すぐに、政治は体協を復活させる。そんなかなに…

2019年秋ドラマ

今回は、色々悩むドラマの選択でした。1本を除いて続編のドラマになってしまいました。 まだ結婚できない男 www.ktv.jp前作から13年、桑野は50代に突入しても結婚できずにいた!?さて、今回は結婚できるのか?出来ないのか?桑野の偏屈ぶりも注目です…

いだてん第39回「懐かしの満州」

今回は、壮大な伏線回収の会。1945年(昭和20)5月、 孝蔵が圓生と共に満州へ慰問へ行く。そんなある時、小松くんが孝蔵に出会って、落語のダメ出しをする。7月に孝蔵、奉天で森繁久弥に出会うそんななか、沖縄へ行った小松くんとまたもや出会う。そ…

いだてん第38回「長いお別れ」

志ん生、巨人軍祝勝会で脳出血で倒れる。久々に体協の面々が治五郎さんのお見送りに揃う。懐かしいです。永井さん、可児さん久しぶりです。永井、野口、可児、政治で治五郎さんを偲ぶ会を開くも4人しか集まらず。一方、準備委員会は、紛糾。副島さんは、状…

いだてん第37回「最後の晩餐」

河野さんが本格的にオリンピック開催に異議を唱える。世間は、日中戦争で一色だが、オリンピック開催も着々と進めています。(?)小松くん、りくちゃんに惚れる。副島さん単独で近衛文麿さんに開催の危機を伝える。副島さんと治五郎さんの対立が本格化。四…

いだてん第36回「前畑がんばれ」

今回は、前畑秀子物語の回。前畑、ベルリンオリンピックの金メダルにものすごいプレッシャー。眠れない日々が続く。さすがの政治も前畑に関しては、腫れ物を扱うような態度で接する。前畑の最大のライバルは、ドイツのゲネンゲル。日本から前畑の元に電報が…

いだてん第35回「民族の祭典」

1936年(昭和11)春。四三が5年ぶりに播磨屋を訪れる。そんな時、シマちゃんが現れる。が、娘のりくちゃんでした。7月31日、ベルリンオリンピック前日。いよいよ、次のオリンピックが決まります。ヘルシンキと東京の一騎打ち。そして、東京に決ま…

いだてん第34回「226」

226事件が起こり、高橋是清さん死ぬ。新聞社にも陸軍将校が乱入。未だかつてない深刻なシーンです。政治、その最中で負傷する。そんな時にIOC会長のラトゥールが来日に向けて、サンフランシスコを出立したという。治五郎と政治、オリンピックをどうす…

いだてん第33回「仁義なき戦い」

思わせぶりながら、治五郎は持病の腰痛でした。まあ、74歳のおいいちゃんですからしょうがないです。1935年(昭和10)1月14日、副島と政治がムッソリーニに面会のためローマに到着。そして、副島さん面会の直前で肺炎で倒れる。しかし再び、ムッ…

いだてん第32回「独裁者」

今回は、新しい人が登場する回です。日比谷公園音楽堂で、大市民歓迎会が行われる。東京市長永田秀次郎が前畑「なんで金をとってこなかった」と言う。そこで、田畑が怒り、岸さんがキレてしまう。前畑は、 色んな人の手紙や死んだ両親が夢枕に立つなどありな…

いだてん第31回「トップ・オブ・ザ・ワールド」

久しぶりの四三さん登場。前畑のレースをラジオで聞いています。もちろん、実感放送で。そして、前畑善戦で2着。 男子100m背泳ぎは、金銀銅独占。そして、気をよくした治五郎はノリでエキシビジョンで日本古式泳法をすることになる1500m自由形は、金…

いだてん第30回「黄金狂時代」

1932年(昭和7)7月30日 ロサンゼルスオリンピック開幕。治五郎がファンの集いで、選手村きていた。そこで、政治が治五郎に「なぜ、柔道をオリンピックをやらないのか?」と言うのかの問いに、「まだ気が熟していないから」と答える。スタジアムでの…

2019年夏ドラマ

今期は、プライム帯(19〜23時)にオリジナルドラマがないという異例の事態ですが、それぞれ全く違うテイストのドラマを選びました。 これは経費では落ちません www.nhk.or.jp お仕事ドラマ。経理という仕事を通しての人間模様を描いたドラマ。主人公の…

いだてん第29回「夢のカリフォルニア」

五りんが2枚目になりました。暗い世相になってきましたが、ロス五輪に出場します。ロス五輪が、選手村の本格的な導入になるそうです。そうえいば、今までホテルに止まっていましたね。水泳陣は、女子と合同練習になり、ひょっと浮き足立っています。そのこ…

いだてん第28回「 走れ大地」

治五郎が政治に体協の理事に推すも、ほぼ即答で断られる。その後、 東京市長のもとに一緒に出向き東京オリンピック招致の構想を話し、体協会長の岸さんを説得した矢先に・・・。満州事変が勃発。河野さんが珍しく、政治を飲みに誘い現在の満州事変の深刻な状…

いだてん第27回「 替わり目 」

久々に熊本から実次が上京。四三、「熊本に帰ろう」と言われる。政治は、ローズのママに言われた予言を信じ、次回のロス五輪まで生きられないと思って張り切る。ある時、兄実次危篤の電報が・・・。実次さん、死んでしまいます。そして、政治はなぜか結婚を…

いだてん第26回「 明日なき暴走」

体協一同、治五郎が15年かかって出来なかったことを政治がいとも簡単ににやることに呆然。水泳総監督の政治は竹虎にアムステルダムに行く許しを得ようとするが、「お前は朝日新聞社の政治部記者だ」と言われる。久々に四三登場。アムステルダムで、女子陸…

時効警察、はじめました。

吉岡里帆「時効警察」で新人刑事役に12年ぶりに続編、10月期金曜深夜枠で放送。(シネマトゥディより)約12年ぶりに復活するオダギリジョー主演のテレビ朝日系連続ドラマ「時効警察」のタイトル、放送時期が決定。「時効警察はじめました」として、1…

いだてん第25回「 時代は変る」

パリオリンピックの国内予選で現役を引退し伴走者として、走っていた四三がまさかの3度目のオリンピック出場。結果は、途中棄権。だんだん、オリンピックのシーンが雑になってくる。そして、第2部河童編がスタート。たくさんの新キャラが登場します。192…

いだてん第24回「種をまく人 」

今週は、いよいよ第1部最終回。治五郎は、市長に外苑に被災者のためのバラックを作ることを申し出る。(かっこいい)そして、四三は4年ぶりに熊本に帰る。幾江に「なんで熊本に帰ってきた」と怒られる東京に戻って、救援物資を届けるために東京中を走る。…

いだてん第23回「大地 」

今週は、後半はシリアス回。村田親子が四三の解雇撤回を賭けて、100m競争して6回やるも娘が勝ち、解雇は撤回されます。そして、1923年(大正12)9月。四三は治五郎と神宮外苑競技場の工事を見ている時に、関東大震災が起こりました。孝蔵は、「酒…

いだてん第22回「ヴィーナス誕生 」

孝蔵は、ついに真打になって金原亭馬きんとなって真打に昇進します。そして。ごりんと結婚します。学校では、女子体育が人気になって行きます。そして、いつの間にか四三は「パパ」と呼ばれるようになっていました。女生徒が四三の家にまで来て、「パパ」と…

ジャガーさんグッズ。

チバテレのオンラインショップのジャガーさんグッズの種類が豊富ですごいです。ちなみに、商品カテゴリーでジャガーさんグッズがあります。そして、一番品数が多いです。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★チバテレ https://www.chiba-tv.com よかったと思ったら…

いだてん第21回「 櫻の園」

ドイツで女子スポーツに目覚める。そして、恒例の4年毎の夫婦喧嘩。浜名湖の河童衆も反省会。1921年(大正10)4月、四三は東京府立第二高等女学校に赴任する。そこで、スポーツをやろうと言うが生徒に無視される。しかし、四三のしつこさに負けて槍…

MX、すげ〜。

さすがに、スタジオは微妙な空気だけど、これを許すMX太っ腹です。 よかったと思ったら、クリックお願いします。 ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])

いだてん第20回「恋の片道切符」

今回は、アントワープオリンピックの回。グーベルタン男爵に直訴して、マラソンが正式種目に復活。永井さんと可児さんがどちらが監督として、行くかという話をしていたが、別の人で辰野さんになっていきました。可児さんショック。ロンドンで、旅券を返す時…