tokyo.sora(γ版)

久々に、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

第10戦  イギリスGP

f:id:hiro-jp:20190717234048j:plain

1.L.ハミルトン(メルセデス)★
2.V.ボッタス(メルセデス
3.C.ルクレールフェラーリ
4.P.ガスリー(レッドブル
5.M.フェルスタッペン(レッドブル
6.C.サインツマクラーレン
7.D. リカルド(ルノー
8.K.ライコネンアルファロメオ
9.D.クビアト(トロ・ロッソ
10.N.ヒュルケンべルグ((ルノー


ハミルトンが母国GPで勝ちました。
しかし、なんとなくボッタスとの関係が微妙な感じでした。
ルクレールは孤軍奮闘で表彰台。
そして、ベッテルはフェルスタッペンとの接触で大きく順位を下げ完走したもののポイント圏外に落ちました。
ベッテルもこんなミスが続くとチームでの立場が微妙な感じになります。この焦りがベッテルの弱さではないでしょうか?
そして、勝つべくして勝つ、これが今のハミルトンの強さだと改めて思いました。
次戦は、7月28日 ドイツGPです。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(F1)