tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

今日のGoogle(3/12)

f:id:hiro-jp:20180312132811j:plain

今日のGoogleロゴは、ウィリアムヘンリーパーキン(1838〜1907)生誕180周年。
パーキンは、ロンドンのイーストエンドに、7人兄弟の末弟として生まれました。父は成功した大工であり、母はスコットランドの出身で子供時代にロンドンに移り住んだ。
1853年15歳で、パーキンはロンドンの王立化学大学に入り、高名なアウグスト・ヴィルヘルム・フォン・ホフマンの下で学んだ。
当時ホフマンは、キニーネと言うマラリアの治療薬として多くの需要のある高価な天然物であり、それを合成する方法を研究していました。
1856年のイースタ休暇でホフマンがドイツに帰郷し血得る時に、パー君はロンドン東部のケーブル・ストリート通りのアパート最上階の自宅の粗末な実験室で、混合物中アリニンの一部が化学変換されてアルコールが濃い紫色をしたのであった。パーキンは絵画や写真に興味があったので、さらなる実験を試みたが、キニーネの研究のためこれらの実験はホフマンに秘密にされた。これらが、モブ染料・アリニン染料と言われるものである。
当時、染料は天然物から採取するしかなく、この発明によって、安定したい色や、様々な色を出せるような元になったそうです。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])