tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

前人未踏。

羽生棋聖、15期ぶり竜王奪還で前人未踏の「永世7冠」達成 渡辺明竜王を4勝1敗で下す (スポーツ報知より)

将棋の第30期竜王戦7番勝負の第5局が5日、鹿児島県指宿市で行われ、挑戦者の羽生善治棋聖(47)が渡辺明竜王(33)を87手で破り、通算4勝1敗で15期ぶりに竜王位を奪還し、前人未踏の「永世7冠」を達成した。
羽生棋聖はこれで竜王を通算7期獲得。連続5期か通算7期以上の保持者に与えられる「永世竜王」の資格を手にした。羽生棋聖はこれまで名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖のタイトルで永世称号の資格を得ていた。将棋界の8大タイトルのうち、永世称号の規定がない叡王戦をのぞく7つのタイトルすべてで永世称号を獲得する偉業となった。羽生棋聖に次いで永世称号獲得の多い棋士大山康晴15世名人と中原誠16世名人の5つ。

1996年に将棋界で初めて7大タイトル独占を成し遂げた羽生棋聖。これでタイトル獲得数も通算99とし、こちらも前人未踏の100の大台に王手をかけた。

 渡辺竜王は9連覇を含む通算11期竜王位を獲得。2008年には羽生棋聖と「初代」の永世竜王の資格をかけて対戦し、この時は渡辺竜王が3連敗から4連勝で逆転防衛に成功。連続5期を満たし永世竜王の資格を得た。10年にも羽生棋聖を挑戦者に迎えたが、4勝2敗で退けた。今回は2人にとって竜王戦3度目の対決だった。渡辺竜王棋王の1冠に後退した。

 ◆羽生棋聖の獲得した全タイトル
 竜王 7期(連続2期が2度)
 名人 9期(連続3期が2度)
 王位18期(連続9期)
 王座24期(連続19期)
 棋王13期(連続12期)
 王将12期(連続6期)
 棋聖16期(連続10期・継続中)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

昨日、羽生棋聖が前人未踏の永世7冠を達成しました。
7冠の時も驚いたけど、永世7冠はそれ以上の驚き。永世になるには、タイトルによって違うけど通算だったり、連続だったりするので当然難しいです。ちなみに、タイトルは通算99期で次回タイトル戦に勝てば、100期というとんでもない記録になります。
一部では号外も出した言われるほど、それほどのニュースです。
ただ、凄いそして、今後このような称号を達成する人は、少なくともおいらが生きている間はいないでしょう。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])