tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

第13戦 イタリアGP

f:id:hiro-jp:20170906123034j:plain

1.L.ハミルトン(メルセデス
2.V.ボッタス(メルセデス
3.S.ベッテルフェラーリ
4.D.リカルド(レッドブル
5.K.ライコネンフェラーリ
6.E.オコン(フォース・インディア
7.L.ストロール(ウィリアムズ)
8.F.マッサ(ウィリアムズ)
9.S.ペレス(フォース・インディア
10.M.フェルスタッペン(レッドブル
 
先週に続き、ハミルトンのポールトゥウィン。
これで、シューマッハの持つポールポジション68を抜き、69で単独トップ。
そして、チャンピオン争いは再びハミルトンがトップに返り咲き、238p。ベッテルの235pと3p差
このGPでの注目は、リカルド16番手スタートで気がつけば4位入賞。あわや、3位ベッテルに迫る感じでした。ファステストもリカルドが記録しています。
いや、しかしフェラーリファンは熱いです。
次戦は、9月17日マレーシアGPです。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(F1)