tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

第8戦 アゼルバイジャンGP

f:id:hiro-jp:20170627092657j:plain

1.D.リカルド(レッドブル
2.V.ボッタス(メルセデス
3.L.ストロール(ウィリアムズ)
4.S.ベッテルフェラーリ
5.L.ハミルトン(メルセデス
6.E.オコン(フォース・インディア
7.K.マグヌッセン(ハース)
8.C.サインツトロ・ロッソ
9.F.アロンソマクラーレン
10.P.ウェーレイン(ザウバー
去年まで、ヨーロッパGPだったのが今年からアゼルバイジャンGP。
久々に荒れたGP。
前半は、セーフティーカーの連発で、ほとんどレースになっていなかった状態で挙句に今年初の赤旗中断のおまけ付きというGP。
その結果、表彰台は珍しい顔ぶれに。
レッドブルは、今季初優勝。
トロールは、最年少表彰台。
シーズン前は金持ちのお坊ちゃんとか言われていたけど、お父さんが見ている前での表彰台。
能力のあるところを見せつけました。
そして、唯一ポイントのなかったマクラーレンがやっとポイントを獲りました。
そして、リカルドはまた飲んでいます。今回は、ストロールが飲みました。
次戦は、7月9日オーストリアGPです。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(F1)