読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

『ロゴスの市』

f:id:hiro-jp:20170307123954j:plain

『ロゴスの市』 乙川優三郎徳間書店

あらすじは、
20歳で出会った1980年から30年余りのその後の宿命的な歳月を送る男女の物語。
昭和55年、成川弘之は大学の学内サークル「ペンクラブ」で戒能悠子と出会う。戒能がその当時バイトをしていた翻訳を手伝うことにより、編集者の原田と出会い、翻訳家になるという夢を朧げに夢みるようになる。成川、戒能は英語というつながりにより男女としての仲も深めていった。御宿で行われた「ペンクラブ」の夏合宿は2人に、特に戒能にとって忘れえない思い出となる。卒業後、成川は大学の恩師正木教授の助手をしながら、翻訳活動を、戒能は渡米する。

ただいま、積読中なので、島清恋愛文学賞受賞前に買った本です。
単なるラブストーリーでなく、そこに翻訳者と通訳とエッセンスを加えたことで、そのまま生き方に反映されているところが面白い。
それと、翻訳と通訳と似ているようだけど、だいぶ違うということを思い知らせれました。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])