tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

マッサ引退、発表。

f:id:hiro-jp:20160721000000j:plain

マッサ、2016年末での引退を決断

 


フェリペ・マッサモンツァで記者会見を開き、今シーズン末でF1から引退することを発表した。
ここ数カ月、ブラジル人ドライバーの将来についてさまざまな臆測が飛び交っていたが、彼の14年にわたるF1キャリアは今年のアブダビGPで幕を閉じることになった。マッサの引退発表はまた、ウィリアムズに2017年の空席が1つ生まれることを意味している。チームメイトのバルテリ・ボッタスはもう1年残留する可能性が高い。
マッサのキャリアはザウバーからデビューした2002年にさかのぼり、これまでに11勝と41回の表彰台を記録した。2008年には幻のタイトルをつかみ かけたが、最終的にたった1ポイント差でルイス・ハミルトンに敗れて涙をのんだ。このドラマチックな最終戦の舞台となったのは、彼の母国サンパウロだっ た。チェッカーを受けた瞬間、マッサは確かにチャンピオンだった。しかし、ハミルトンが最終コーナーでタイトル獲得に必要なポイントを上げ、マッサは一転して失意の底に突き落とされた。
この2008年ブラジルGPは彼にとって現時点での最後の勝利であり、以来138戦の未勝利レースが続いている。2009年には2人のフェラーリドライ バーのうち、勝利に近いのはマッサの方だと思われていたが、ハンガリーGPで彼を不運が襲う――別のマシンから外れたスプリングが頭部を直撃し、マッサは シーズン後半の場を余儀なくされた。
2010年にはコックピットへの復帰を果たしたが、フェルナンド・アロンソフェラーリのチームメイトとあって輝きは影を潜めてしまい、2013年のイタ リアGPでマラネロからの離脱が発表された。マッサは2014年にウィリアムズと契約。長年彼のレースエンジニアを務めたロブ・スメドレーも合流すると、 以前の勢いを取り戻し、シーズン中に3回の表彰台を獲得した。
引退するまでの彼のキャリアは、2002年から2016年にかけて実に250戦を数えることになる。
会見でマッサは、気持ちを固めたのは数カ月前だったと述べ、2017年のシートについては他のチームとも、ウィリアムズとも話さなかったと打ち明けた。
「とにかくみんなにありがとうと伝えたい。僕のキャリアを通して支えてくれた人々、全てのチームに・・・そして、僕を守ってくれた神に感謝している。そのご加護がどれほど大きなものだったかはみんな知っているはずだ」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
14年間に渡るF1のキャリアに終止符を打つことにしたマッサ。
おいらの中では、シューマッハと走ったフェラーリでの印象が強いです。2番手という安定したイメージがあると同時に、若手みたいな凡ミスもすることがあって、それが彼の魅了のような気がします。
今季は
最高位は5位、表彰台までもう一息なので、頑張って欲しいです。出来れば、母国GPで表彰台を。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(F1)