tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

第10戦 イギリスGP

f:id:hiro-jp:20160710000000j:plain

1.L.ハミルトン(メルセデス
2.M.フェルスタッペン(レッドブル
3.N.ロズベルグメルセデス
4.D.リカルド(レッドブル
5.K.ライコネンフェラーリ
6.S.ペレス(フォース・インディア
7.N.ヒュルケンベルグフォース・インディア
8.C.サインツトロ・ロッソ
9.S.ベッテルフェラーリ
10.D.クビアト(トロ・ロッソ

ハミルトンが母国GPでポールトゥウィン。
ロズベルグは2位でゴールしたものの無線制限のペナルルティーで3位後退。これで、チャンピオン争いは、ロズベルグの1ポイント差にハミルトンがつきました。
一時は、大量リードだったのに、後半戦を待たずして、ここまで縮まりました。
ロズベルグをパスしたフェルスタッペンは、これからの成長が楽しみです。
次戦は、7月24日ハンガリーGPです。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(F1)