読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

旧安田楠雄邸━其之弐━

旧安田楠雄邸━其之壱━からの続き

 

f:id:hiro-jp:20160402154524j:plain

残月の間
中央棟は京間寸法でゆったりと造られています。柱や長押は栂材、床柱は北山杉の絞り丸太、壁は聚楽土で、天井は幅広の竿縁天井です。
床の間は表千家残月亭の床の間を模しています。鳥の透かし模様が入った照明は創建当初の器具です。

 

f:id:hiro-jp:20160402152613j:plain

 

2階に上がり、予備室。

 

f:id:hiro-jp:20160402153709j:plain

予備室
東壁面には土壁の上に板を嵌め、竹釘を打った織部床が設けられており、略式の床の役目をします。
障子は雪見障子となっておりますが、外側のガラスは下部だけでなく上部にもガラスが入っています。上部の障子は固定され、下りてきません。
西側障子の外には折れ戸式の雨戸があります。戸袋を設けることができないため、このような工夫がされています。
襖は雲母の型押しで松原が描かれています。

 

f:id:hiro-jp:20160402153933j:plain

客間

f:id:hiro-jp:20160402154417j:plain

客間から見える枝垂れ桜。
ちょうど見頃を迎えていました。
なかなか、座りながら間近枝垂れ桜を見ることはできないので、圧巻でした。

 

f:id:hiro-jp:20160402153835j:plain

 

入園時間ギリギリで行ったので、かなり割愛しましたが、まだまだ見所はあるので、今度はゆっくり見たいなあと思いました。

旧安田楠雄邸━おわり━

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(東京都)