tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

『おくりびと』

f:id:hiro-jp:20141030235529j:plain

あらすじは、
楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく。

言わずと知れた日本アカデミー最優秀作品賞を獲得した作品。そして、小山薫堂さんが脚本を書いています。
硬軟を交えた、いかにも薫堂さんらしい脚本だなあと思います。特に前半本木さんがパンツ一丁になるところなんか、『しこふんじゃった』の1シーンを思い出させるところがツボ。もちろん、納棺する所作も見とれるぐらい美しく、見事に締めた感じでした。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日本映画)