tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

柴崎友香さん芥川賞、受賞。

f:id:hiro-jp:20140718103721j:plain

芥川賞 柴崎友香さん『春の庭』、直木賞 黒川博行さん『破門』東京新聞より)

第百五十一回芥川賞直木賞日本文学振興会主催)の選考会が十七日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞柴崎友香さん(40)の「春の庭」(文学界六月号)が、直木賞黒川博行さん(65)の「破門」(KADOKAWA)が選ばれた。
柴崎さんは今回が四回目の候補入り。黒川さんは六回目の候補での受賞。キャリアのある二人の成熟度が高い評価を集めた。
柴崎さんの「春の庭」は、離婚と転職を経て東京・世田谷のアパートに暮らす男性が主人公。隣人女性との交流を中心に、人の出会いと別れ、土地の「記憶」の物語を描いた。
選考委員の高樹のぶ子さんは「自分とその周囲の場所との違和感を描いてきた柴崎さんの世界を広げた。登場人物の視点が移っていくことで、不思議な揺らぎを生み出している。これまでの作品で一番完成度が高い」と評価した。
黒川さんの「破門」は、ヤクザと建設コンサルタントの「迷コンビ」によるハードボイルド小説のシリーズ五作目。映画製作の出資金を持ち逃げされた二人が、お金を取り戻そうと関西やマカオを奔走する。
選考委員の伊集院静さんは「弱者の魂を描いており、アメリカ映画のようなペーソスがある。大阪で三十年書き続けてきた執筆姿勢も評価された」と話した。(以下、省略)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今日の朝は、おいらの好きな作家の一人である柴崎さんがようやく芥川賞を受賞というニュースにビックリしました。

受賞作品もあらすじしか読んでないけど、柴崎さんらしい作品でよかったです。

あの空気感が何とも言えない感じで好きなんだよなあ。久しぶりに読んでみようかな〜。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])