tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

仙台再び−其之参−

仙台再び−其之弐−からの続き


雄島を断念した一行が向かったのは、円通院
臨済宗妙心寺派の寺院で、三陸三十三観音霊場の第1番札所とされております。また、伊達政宗の嫡孫光宗の霊廟でもあります。
1647年(正保4)瑞巌寺第100世洞水和尚により三慧殿が建立され開山されました。

雲外天地の庭
山門をくぐると素敵な枯山水の庭がありました。
石庭「雲外天地の庭」
「天の庭」は松島湾に実在する七福神の嶋を仏の庭として表し、「地の庭」はいのちを意味した「三宝の庭」です。
松島湾は白砂で周囲の山々はコケで表し、「天」と「地」には天水橋がかかり「天の庭」と「地の庭」を結ぶ掛け橋です。

円通院境内
三慧殿へと向かう階段ですら、風情があります。

三慧殿
光宗公の霊廟である三慧殿。
技術の粋をつくした伊達家屈指の建築物で国の重要文化財に指定されています。その厨子には支倉 常長が西洋から持ち帰ったと伝わるバラの絵が描かれており、円通院はこのバラを題材にした庭のある「バラ寺」として知られております。

大悲亭
円通院本道大悲亭
本堂は、光宗が江戸で納涼の亭として使用していた建物を海路で運び、この地に移築されたものです。
屋根は寄棟造、茅葺平屋の二間造りからなっています。

例によって、御朱印帳を忘れたので、もらいませんでした。


仙台再び−其之四−へ続く

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
円通院 http://www.entuuin.or.jp


よかったと思ったら、クリックお願いします。
人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])