tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

第13戦 イタリアGP

podium-monza-z-01_130909.jpg

1.R.バリチェロ(ブラウンGP)

2.J.バトン(ブラウンGP)

3.K.ライコネン(フェラーリ)

4.A.スーティルフォース・インディア

5.F.アロンソ(ルノー)

6.H.コバライネンマクラーレン

7.N.ハイドフェルド(BMWザウバー

8.S.べッテル(レッドブル



ファイナルラップで、バトン猛追中のハミルトンがまさかのリタイア。

棚ぼたでベッテルがポイント獲得。

これで、チャンピオン争いはバトンとバリチェロの2人に絞られたといっても過言はないでしょう。

バトン   80.0

バリチェロ 66.0

ベッテル  54.0

しかし、このバトンの表情が憎たらしく見えるのは気のせいなのでしょうか。

次戦は、9月27日シンガポールGPです。





よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(スポーツ[モータースポーツ])