tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

『バブルへGO!タイムマシンはドラム式』

『バブルへGO!タイムマシンはドラム式』
以前ブログで公開前に紹介したんだけど、この前テレビでやっと観ました。

あらすじは、
国の借金が800兆円になった、2007年3月。財務官僚の下川路功は諸悪の根元を、1990年に大蔵省から通達された総量規制の行政指導がバブル崩壊にあると考え、タイムマシンで歴史を遡りバブル崩壊を阻止しようと計画する。
彼は偶然から洗濯機型タイムマシンを発明した昔の恋人・田中真理子を1990年3月の東京に送り込むが彼女は消息を絶った。死亡として処理された真理子の葬儀の席で、下川路は彼女の娘・真弓と出会う。
真弓は母を捜すため1990年の東京にタイムトラベルする。果たして真弓は17年前の下川路と協力してバブル崩壊を阻止し、母と再会することができるのだろうか?

いや〜、期待に違わずおもしろかった。
ホイチョイムービーは、この気軽に観られる感じがとても好きです。
こういう風に作れるのは、ありそうで意外とないです。
しかし、タイムマシンが洗濯機という発想がユニークですよね。
ラストも、ちょっと意外だったので充分に楽しめました。