tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

最終戦 ブラジルGP


FI2623027_1E.jpg
F1Live.com
より
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
勝利をもぎ取ったのはフェラーリキミ・ライコネン。チームメイトのフェリペ・マッサを従えて、悲願の初タイトルを獲得した。2001年のデビューから7シーズン目にしてつかんだ栄冠に、ライコネンは安堵の表情を見せた。
マッサは昨年の優勝に続き、母国ブラジルで好成績を残している。
3位はアロンソで3冠達成はかなわず。4位ロバート・クビサBMWザウバー)、5位ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)、6位ニック・ハイドフェルドBMWザウバー)、そして7位に惜しくも史上初のルーキータイトル獲得を逃したハミルトンが入り、8位にはヤルノ・トゥルーリトヨタ)がつけた。
トゥルーリ以外の日本勢は中嶋一貴(ウィリアムズ)がF1初レースで10位完走。ラルフ・シューマッハトヨタ)が11位、佐藤琢磨SUPER AGURI)が12位で完走を果たし、ルーベンス・バリチェロジェンソン・バトン(ともにHonda Racing F1)、山本左近スパイカー)はリタイアとなっている。
チャンピオンシップを整理すると、ドライバーズ・ランキングは110ポイントの ライコネンがトップ、2位は109ポイントのハミルトン、3位は同じく 109ポイントのアロンソとなった(勝利数はともに4勝だが、2位の数はハミルトン5回、アロンソ4回とハミルトンの方が多いため)。4位は94ポイント のマッサだった。コンストラクターズ・ランキングは204ポイントのフェラーリ、2位は102ポイントのBMWザウバー、3位は51ポイントのルノーとなり、フェラーリが2004年以来のダブルタイトルを獲得した。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
いや〜、ライコネンの大逆転劇でワールドチャンピオンになりました。44.png
レース中順位が変わるたびにチャンピオンが変わるというF1史上に残る大接戦でした。
3 度目の正直がとうかはわかりませんが、3度目のチャンスをものしたライコネンはすごいです。思えば、ハミルトン、アロンソライコネンとポイントではライ コネンが一番不利だったにも関わらず、チャンピオンになってしまうとは、ライコネンの追い上げにはただ感服するだけです。
おめでとうキミ82.png