tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

第16戦 中国GP

FI2623013_1E.jpg
F1Live.com
より
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
台風15号の接近に伴い心配された雨は朝のうちから降り始め、全56周回のレースはウエットコンディションでスタート。途中、断続的な降雨の中、波乱の展開 を制したのはフェラーリキミ・ライコネンだった。2位はマクラーレンフェルナンド・アロンソ、3位にはフェラーリフェリペ・マッサが入り、ライコネ ンとアロンソはタイトル獲得への望みを最終戦ブラジルGPにつないだ。
一方、史上初のルーキー・チャンピオン誕生が期待されたマクラーレンルイス・ハミルトンは30周目、右リアタイヤが激しく壊れるトラブルに見舞われ、痛恨のリタイア。タイトル獲得の可能性はライコネンアロンソとともに最終戦ブラジルGPに持ち越された。
ちなみに3人のドライバーズ・ポイントは中国GP終了時点でハミルトンが107ポイント、アロンソが103ポイント、ライコネンが100ポイントと非常に僅差だ。
4位は、17番手スタートから見事な巻き返しを見せたセバスチャン・ベッテルトロ・ロッソ)、5位にはジェンソン・バトン(Honda Racing F1)が入賞。バトンはこれまで4回開催された中国GPすべてで入賞を果たしている。以下、6位ビタントニオ・リウッツィトロ・ロッソ)、7位ニック・ ハイドフェルドBMWザウバー)、8位デビッド・クルサードレッドブル)となり、それぞれポイントを獲得している。
バトン以外の日本 勢はヤルノ・トゥルーリトヨタ)が13位、佐藤琢磨SUPER AGURI)が14位、ルーベンス・バリチェロ(Honda Racing F1)が15位、山本左近スパイカー)が17位で完走。6番手スタートから上位進出が期待されたラルフ・シューマッハトヨタ)は24周目にリタイア、 アンソニー・デビッドソンSUPER AGURI)は13周目に早々のリタイアを喫した。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ホントに予想通りの結果になってしまいました。
おいら自身もビックリです。<
こういう時のライコネンはもうホントに無敵
しかし、ハミルトンがリタイアでノーポイントで終わるとは思いませんでした。
ドライバーズチャンピオンは最終戦のブラジルGPに持ち越し。
ということで、次戦は10月21日今季最終戦ブラジルGPです。
なんだか、すごい熾烈な戦いになりそうな気がしてとても楽しみです。52.png