tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

第14戦 ベルギーGP

FI2622990_1E.jpg
F1Live.com
より
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
44周で争われる決勝を制したのはフェラーリキミ・ライコネン。チームメイトのフェリペ・マッサも2位に入り、フェラーリが1-2フィニッシュを果たした。
一方、ライバルのマクラーレンフェルナンド・アロンソルイス・ハミルトンが3、4位と、フェラーリの後塵を拝している。
以下、ニック・ハイドフェルドBMWザウバー)、ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)、マーク・ウェバー(ウィリアムズ)、ヘイッキ・コバライネンルノー)までが入賞してポイントを獲得。
日本勢はトヨタヤルノ・トゥルーリラルフ・シューマッハが10、11位。Honda Racing F1のルーベンス・バリチェロが13位、SUPER AGURI佐藤琢磨アンソニー・デビッドソンは15、16位でレースを終えた。
ジェンソン・バトン(Honda Racing F1)は37周目にトラブルに見舞われ、リタイアとなった。
スパイカー山本左近は17位で完走している。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なんだか、久々に淡々としたGPでした。
アロンソが1p縮めてハミルトンとは2p差です。
次戦は、9月30日です。
いよいよ日本GPです。今年は富士スピードウェイです。