tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

第9戦 イギリスGP

FI2622936_1E.jpg
F1Live.com
より
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
イギリスGPで優勝を果たしたのは、前戦フランスGPに引き続きライコネン。2位にアロンソ、3位には、母国GPを迎えたハミルトンだった。
以下入賞は、4位ロバート・クビサBMWザウバー)、5位フェリペ・マッサフェラーリ)、6位ニック・ハイドフェルドBMWザウバー)、7位ヘイキ・コバライネンルノー)、8位ジャンカルロ・フィジケラルノー)となっている。
今シーズン自身最高グリッド6番手からスタートしたトヨタラルフ・シューマッハとチームメートのヤルノ・トゥルーリともにリタイア。
Honda Racing F1のルーベンス・バリチェロは9位、ジェンソン・バトンは10位という結果だった。
SUPER AGURI佐藤琢磨は14位、チームメイトのアンソニー・デビッドソンはリタイアだった。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
なかなか、見応えのあるGPでした。
チャンピョン争いから脱落しかけた、ライコネンが2連勝。なんか、ライコネンの執念が垣間見えたこの2連戦。マッサもピットスタートからの5位入賞。まだまだ、この四つ巴の戦いから目が離せません。
次回は、7月22日ヨーロッパGPです。