tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

『奇跡のリンゴ』

f:id:hiro-jp:20131019203022j:plain

あらすじは、
1975年、秋則は青森県弘前市で妻の美栄子と共にリンゴを栽培していた。彼は、年に十数回にわたり散布する農薬が原因で皮膚に異常をきたしてしまい、寝込むこともある妻の体を心配して無農薬でリンゴを育てることを心に誓う。だが、農薬を使わないリンゴ栽培はその当時「神の領域」ともいわれ、実現するのは絶対無理だと思われていた。

 

実話を基にして作られた映画。
苦しい時期が結構、続きますが最後は感動します。
ただ、主演が阿部サダヲさんなので、そこが評価の分かれるような気がします。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日本映画)

『米軍が最も恐れた男、その名はカメジロー』

土曜のこと。
久々のユーロスペース。前回は、2年前の『野火』以来、今回も『野火』ほど重たくないけど、戦争に関連する映画です。

 

f:id:hiro-jp:20170909162029j:plain

あらすじは、
占領下の沖縄で米軍の弾圧にひるむことなく非難の声を上げ続けた政治家の瀬長亀次郎氏の人生をひもとくドキュメンタリー。
第2次世界大戦後、米軍統治下の沖縄でアメリカに抗った瀬長亀次郎氏。演説会を開けば何万人もの人々が押し寄せ、祖国への復帰に向けて民衆を先導し、那覇市長選挙で当選する。度重なる弾圧を受けながらも立ち向かい、アメリカを恐れさせた瀬長氏を写真や映像、彼の次女や元沖縄県知事の稲嶺惠一氏らの言葉で紹介する。

 

アメリカの統治下で、こんな話しがあったとは全く知りませんでした。民主主義であるアメリカが不当逮捕や、市長になったカメジローを引きづり下ろすなど、様々な困難に立ち向かうことなど色々と考えさせられました。
今でも沖縄の人たちが戦っている現状の変わらなさ。
それでもカメジローの不屈の精神が生き続けていることに凄さを感じます。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日本映画)

『ジュブナイル』

f:id:hiro-jp:20170909030436j:plain

あらすじは、
2000年。夏休みを利用してキャンプに来ていた岬、裕介、俊也、秀隆の4人は、キャンプ最後の夜、森に落ちるまぶしい光を目撃。早速、光を追って森の中 に入った4人は、そこで奇妙なロボット・テトラと出会う。
こっそり持ち帰ったテトラを裕介の部屋で飼うことにした4人は、近所の発明家・神崎のところでテトラの謎を解明しようとする。
一方、そのころ太平洋上に三角形の謎の巨大物体が出現した。

 

ALWAYSの山崎貴初監督作品。
話は単純だけど、なかなか見応えがありました。
もうちょっと、話に膨らみがあってもよかったかな。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日本映画)

『婚前特急』

f:id:hiro-jp:20170831234528j:plain

あらすじは、
24歳のOLチエは今を楽しく生きるべく、時間を有効利用して5人の彼氏と付き合っていた。結婚する気などさらさらないチエだったが、親友 の結婚を機にたった一人の本当の相手を選ぶため、彼氏5人の査定を始める。こうしてチエの本当の相手探しが始まったが・・・。

ブコメとしては、なかなか面白かったと思います。
吉高の性格をうまく引き出した感じです。
彼氏のダメっぷりもなかなかよかったです。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日本映画)

『セーラー服と機関銃』

 f:id:hiro-jp:20170827235906j:plain

あらすじは、

四人しか子分のいない小さなヤクザ、目高組の親分が跡目は血縁者にと遺言を残して死んだ。

その頃、女子高生の星泉は、成田空港の前で車に轢かれて死んだ父・貴志と火葬場で最後の別れを惜しんでいた。

翌日、黒いスーツを着こんだ大勢の男たちが学校の前に並んでいる。泉のとりまき、智生、哲夫、周平が止めるのを無視して、泉は校門に向かった。

すると、あの火葬場にいた男が歩み出て「星泉さんですね」と言う。佐久間というその男に汚い事務所に連れて行かれた泉は、そこで目高組四代目組長を襲名してほしいと頼まれる。

 

話の割には、意外とあっさりとした感じでした。

この時の薬師丸ひろ子、可愛かったですね。

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(東京都)

『ジャージな二人』

f:id:hiro-jp:20170822022250j:plain

あらすじは、
仕事を辞めたばかりの息子が、グラビアカメラマンの父親に誘われ避暑地の山荘へやってくる。息子は妻の不倫、父は離婚の危機と互いに問題を抱えながらも、 2人は亡き祖母が集めてきた古着のジャージを着て、夏休みをのんびりと過ごす。
翌年の夏、2人は猛暑の東京から逃れるように山荘へ向かうが・・・。

タイトルからして、脱力系。
徹底して、脱力系なので見終わった頃には力が抜けそうです。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日本映画)

『居酒屋兆治』

f:id:hiro-jp:20110831011836j:plain

あらすじは、
兆治こと藤野伝吉は函館の街はずれで、女房の茂子と「兆治」という名の居酒屋を営んでいた。兆治は勤めていた造船所でオイル ショックの時、出世と引き換えに同僚社員の首切り役を命じられたことに反発して会社を辞めていた。寡黙で実直ながら気持ちが曲げられず無器用な兆治であったが、店は繁盛して賑わっていた。

なんて事のないストーリだけど、しみじみとくる映画。
大原麗子が切なく愛おしく、とてもいい女優さんだなあと改めて思いました。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日本映画)