tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

『風立ちぬ』

f:id:hiro-jp:20180512034240j:plain

あらすじは、
大正から昭和にかけての日本。戦争や大震災、世界恐慌による不景気により、世間は閉塞感に覆われていた。航空機の設計者である堀越二郎はイタリア人飛行機製作者カプローニを尊敬し、いつか美しい飛行機を作り上げたいという野心を抱いていた。
関東大震災のさなか汽車で出会った菜穂子とある日再会。二人は恋に落ちるが、菜穂子が結核にかかってしまう。


メルヘンと現実との中間という感じ。時代設定がこれから、どんどん暗くなっていく時代なので、面白いという感じではなかったですが、いい映画です

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日本映画)

『プール』

f:id:hiro-jp:20180504020611j:plain

あらすじは、
さよはタイ北部、チェンマイのゲストハウスで働く母を訪ねる。
4年前、祖母にさよを預けて旅立った母は小さなプールのある場所で、 オーナーの菊子や手伝いの市尾らと楽しそうに過ごしている。そこにはタイ人の少年も同居しており・・・。


あまりにも淡々とし過ぎていて、おいらには合わなかったなあ。
さっぱりし過ぎる映画でした。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日本映画)

『娚の一生』

f:id:hiro-jp:20180428034342j:plainあらすじは、
キャリアウーマンとして仕事に忙殺されながら、心が締め付けられるような恋愛をしていた堂薗つぐみは、祖母が亡くなった後に東京から田舎の一 軒家に引っ越してくる。そこへ彼女の祖母を慕っていたという大学教授・海江田醇が現れ、強引につぐみの家に住み込むようになる。


当初は親子ほども年の離れた海江田のアプローチに困惑するつぐみだったが、少しずつ距離が近くなっていく。
マンガ原作とは、思えないほどの世界観。
榮倉さんと豊悦がちょっと官能的で、役にはまっていたと思います。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日本映画)

『レディ・プレイヤー1』

昨日は、試写会に行ってきました。

 

f:id:hiro-jp:20180412180847j:plainあらすじは、
2045年、人類は思い浮かんだ夢が実現するVRワールド「オアシス」で生活していた。ある日、オアシスの創設者の遺言が発表される。その内容は、オアシスの三つの謎を解いた者に全財産の56兆円とこの世界を与えるというものだった。これを受けて、全世界を巻き込む争奪戦が起こり・・・。


一言で言うと、おもちゃ箱をひっくり返したような映画。
まさか、ハリウッド映画にガンダムが出てくるとは思わなかった。
これも、スピルバーグ監督がなせることだと思います。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])

『ルパン3世』

f:id:hiro-jp:20180324032024j:plain

あらすじは、
絶対に破られることがないという屈指のセキュリティーシステムが敷かれている超巨大要塞型金庫、ナヴァロンの箱舟。手にした者は世界を支配できると伝えら れる秘宝クリムゾンハート・オブ・クレオパトラがそこに収蔵されているのを知ったルパン三世は、天才怪盗として強奪不可能をうたったセキュリティーを突破してやろうと決意。銭形警部の追跡をかわしながら、仲間である次元大介石川五ェ門と秘宝強奪計画を進め ていく。


出演者は、頑張っていたと思うけど、なんだか別物すぎてルパン3世を観ているという気分ではなかったです。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日本映画)

『幼な子われらに生まれ』

今日は、初めて神楽坂のギンレイホール行きました。

 

f:id:hiro-jp:20180318180737j:plain

あらすじは、
再婚した中年サラリーマンの信は、2人目の妻・奈苗とその子供たちと、平凡でも幸せな家庭を築こうと努力していた。だが、奈苗の妊娠をきっかけに実の父親に会いたいと言いだした長女が反抗的な態度を取り始め、父親としての信の存在を否定する。長女を実の父親の沢田に会わせる信だったが、現在の家族に息苦しさを感じ・・・。


ちょっと、暗い感じの映画なのでどういう感じで終わるのだろうと、別の意味でドキドキして観ていたけど、原作が重松清さんということで、ラストは落ち着くところに落ち着きました。
色んな意味で一安心。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日本映画)

『わたし出すわ』

f:id:hiro-jp:20180317023035j:plain

あらすじは、
ばく大な財を築いて東京から故郷に帰ってきた山吹摩耶は、久々に高校時代の同級生たちと再会。彼らの夢や希望の実現のために、彼女は次々に「わたし、出すわ」と大金を差し出す。どのように稼いだお金なのか、友人たちは勘ぐりながらもその大金を受け取ってしまう。果たして摩耶の真意とは? そして彼らの夢や希望の結末は?


なんか、説明をかなり省いてしまったために、 よくわからない感じで終わってしまったのが残念です。
もし、おいらがお金を受け取る側だったら、どうするかなあ〜。

 

 

よかったと思ったら、クリックお願いします。

人気ブログランキングへ←人気ブログランキングへ(日記・雑談 [その他])