tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

CINEMA

『マザーウォーター』

あらすじは、京都で新生活を始めたセツコ、タカコ、ハツミ。彼女たちはウイスキーしか置かないバー、コーヒー店、そして豆腐店を営みながら、中古家具店のヤマノハや銭湯で働くオトメやジンとかかわっていく。 小林聡美をはじめとするいつものメンバーが今度…

『蜩ノ記』

あらすじは、7年前に前例のない事件を起こした戸田秋谷は、藩の歴史をまとめる家譜の編さんを命じられていた。3年後に決められた切腹までの監視役の命を 受けた檀野庄三郎は、秋谷一家と共に生活するうち、家譜作りに励む秋谷に胸を打たれる。秋谷の人格者…

『日本のいちばん長い日』

あらすじは、1945年7月。太平洋戦争での戦況が悪化する日本に対して、連合軍はポツダム宣言の受託を迫る。連日にわたって、降伏するか本土決戦に突き進むかを議論 する閣議が開かれるが結論を一本化できずにいた。やがて広島、長崎に原爆が投下され、日…

『告白』

あらすじは、とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一…

『GONIN』

あらすじは、バブル崩壊により暴力団・大越組に多額の借金を抱えてしまった ディスコのオーナー万代。彼はさまざまな出会いにより知り合った4人の男たちと共に、大越組事務所からの現金強奪を実行する。 しかし、それも些細なミスから大越組に知れ、彼らは…

『キスできる餃子』

まだまだ、Macの調子は不安定ですが、とりあえず更新します。一昨々日のこと。試写会に行ってきました。 あらすじは、バツイチで子持ちの陽子は、地元の宇都宮に戻り、実家の餃子店の再建と育児に追われていた。ある日、陽子は、イケメンの新聞配達員の亮…

『紙屋悦子の青春』

あらすじは、昭和20年、東京大空襲で両親を亡くし、兄夫婦と暮らす悦子は縁談を勧められる。相手は密かに想いを寄せる明石少尉の親友、永与少尉。当日、緊張のあまりしどろもどろになりながらも、真摯な愛情を示す永与に悦子は好感を抱く。数日後、悦子は…

『あさひるばん』

あらすじは、浅本、日留川、板東は、宮崎県の高校の野球部で“あさひるばん”と呼ばれていた。それから30年。三人のもとに野球部のマネージャーで憧れの存在だった幸子の娘、有三子から「入院中の母に会ってほしい」と記された手紙がくる。故郷で再会した三…

『偉大なる、 しゅららぼん』

あらすじは、琵琶湖のすぐそばの町・石走で、先祖代々不思議な力を継承してきた日出一族。その跡取りで最強の力を誇るとされる淡十郎は、高校生でありながら住民からあがめられる殿様のような生活を送っていた。そんな彼のもとへ、分家の涼介が力の修行をす…

『風立ちぬ』

あらすじは、大正から昭和にかけての日本。戦争や大震災、世界恐慌による不景気により、世間は閉塞感に覆われていた。航空機の設計者である堀越二郎はイタリア人飛行機製作者カプローニを尊敬し、いつか美しい飛行機を作り上げたいという野心を抱いていた。…

『プール』

あらすじは、さよはタイ北部、チェンマイのゲストハウスで働く母を訪ねる。4年前、祖母にさよを預けて旅立った母は小さなプールのある場所で、 オーナーの菊子や手伝いの市尾らと楽しそうに過ごしている。そこにはタイ人の少年も同居しており・・・。 あま…

『娚の一生』

あらすじは、キャリアウーマンとして仕事に忙殺されながら、心が締め付けられるような恋愛をしていた堂薗つぐみは、祖母が亡くなった後に東京から田舎の一 軒家に引っ越してくる。そこへ彼女の祖母を慕っていたという大学教授・海江田醇が現れ、強引につぐみ…

『レディ・プレイヤー1』

昨日は、試写会に行ってきました。 あらすじは、2045年、人類は思い浮かんだ夢が実現するVRワールド「オアシス」で生活していた。ある日、オアシスの創設者の遺言が発表される。その内容は、オアシスの三つの謎を解いた者に全財産の56兆円とこの世界を…

『ルパン3世』

あらすじは、絶対に破られることがないという屈指のセキュリティーシステムが敷かれている超巨大要塞型金庫、ナヴァロンの箱舟。手にした者は世界を支配できると伝えら れる秘宝クリムゾンハート・オブ・クレオパトラがそこに収蔵されているのを知ったルパン…

『幼な子われらに生まれ』

今日は、初めて神楽坂のギンレイホール行きました。 あらすじは、再婚した中年サラリーマンの信は、2人目の妻・奈苗とその子供たちと、平凡でも幸せな家庭を築こうと努力していた。だが、奈苗の妊娠をきっかけに実の父親に会いたいと言いだした長女が反抗的…

『わたし出すわ』

あらすじは、ばく大な財を築いて東京から故郷に帰ってきた山吹摩耶は、久々に高校時代の同級生たちと再会。彼らの夢や希望の実現のために、彼女は次々に「わたし、出すわ」と大金を差し出す。どのように稼いだお金なのか、友人たちは勘ぐりながらもその大金…

『図書館戦争』

あらすじは、メディアに対する取り締まりを正当化する法律“メディア良化法”が施行されてから30年がたった日本。読書の自由を守るための自衛組織“図書隊”の隊員に かつて助けてもらった笠原郁は、憧れの図書隊員になる。担当教官・堂上篤の厳しい指導を受け…

ペンギンハイウェイ、今夏公開。

去年は、「夜は短し歩けよ乙女』が公開されましたが、今年は「ペンギンハイウェイ」が夏に公開されるようです。2年連続の映画公開となった森見作品です。ペンギンハイウェイそして、脚本は岸田國士戯曲賞劇作家でありヨーロッパ企画主催の上田誠。森見・上…

『任侠野郎』

あらすじは、親分のかたきを取るために正岡組の組長を殺し、刑務所に入っていた小里組元若頭・柴田源治。刑期を終えてクレープ屋を営んでいた彼は、再会した昔の仲間から思わぬ事実を告げられる。それは正岡組の組長が親分の命を奪っておらず、源治が榊組に…

『築地魚河岸三代目』

あらすじは、一流企業に勤める旬太郎は、大がかりなリストラの陣頭指揮を任される。やり場のない気持ちに悩んでいた彼は、ひょんなことから恋人の実家の家業である築地市場の仲卸業を手伝うことになる。魚河岸独特のルールや人間関係に悪戦苦闘する中、サラ…

『すーちゃんまいちゃんさわ子さん』

あらすじは、すーちゃん、まいちゃん、さわ子さんの3人は、以前同じアルバイト先で働いていた。出会ってから10年以上が たった今も年齢や職業が異なる彼女たちの友情は変わらず、時間を見つけては集まっている。だが、一見平和に暮らしているように見える彼…

『リリィ・シュシュのすべて』

あらすじは、中学生になった蓮見雄一は同じクラスの優等生・星野修介と仲良くなる。夏休み、2人はほかの仲間たちと西表島へ旅行に行く。しかし、旅行から戻った星野は変質し、番長を倒し自らその座に収まり、蓮見はいじめの対象になっていく。 暗い映画だけ…

『かぐや姫の物語』

あらすじは、今は昔、竹取の翁が見つけた光り輝く竹の中からかわいらしい女の子が現れ、翁は媼と共に大切に育てることに。女の子は瞬く間に美しい娘に成長しかぐや姫と 名付けられ、うわさを聞き付けた男たちが求婚してくるようになる。彼らに無理難題を突き…

『ボクたちの交換日記』

あらすじは、甲本孝志と田中洋平はお笑いコンビ「房総スイマーズ」を結成して12年目だが、いまだに売れる気配がない。コンビの将来について 膝を突き合わせて話すことをしてこなかった二人だったが、彼らはもう30歳。お笑いに情熱を傾け続け、相方と一緒…

『丹下左膳 百万両の壺』

あらすじは、時は亨保。主君に裏切られ、右目と右腕を失った丹下左膳は侍を捨て、命を救ってくれたお藤と所帯を持つ。ある日妻の店に、家宝の壺を探している源三郎がやって来る。 トヨエツの左膳は、かっこよかったです。他の俳優も適材適所で、充分に見応え…

『キングスマン ゴールデンサークル』

一昨日のこと。今年最後の試写会に行ってきました。 あらすじは、謎の組織「ゴールデン・サークル」によって、ロンドンにある高級スーツ店を隠れみのにしたスパイ組織「キングスマン」の根城がつぶされてしまう。残ったのは、以前スカウトされて腕を磨いたエ…

『そして、父になる』

あらすじは、申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が 病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。血縁か、これまで過ごしてきた時間かとい…

『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』

あらすじは、正義感は強いものの警察署きっての問題児の巡査・菊川玲二は、上司からクビと言われてしまう。しかし、内実は関東一の広域暴力団・数寄矢会の 轟周宝を逮捕するため、モグラこと潜入捜査官になれという命令だった。偶然にも傘下の阿湖義組若頭・…

『夜空はいつでも最高密度の青色だ』

あらすじは、2017年東京。看護師の美香は病院に勤める傍ら夜はガールズバーで働き、漠然とした不安や孤独の中で日々過ごしていた。一方、工事現場での日雇い仕事に従事する慎二は、常に死の気配を感じながらも何とか希望を見いだそうとしていた。排他的…

『PARKS』

一昨々日のこと。久々に早稲田松竹で映画を見ました。今回は、『PARKS』と『夜空はいつでも最高密度の青色だ』の2本立て。前回見たのは、『好きだ』以来なので年ぶりです。早稲田松竹は、シネコン全盛の時代に、都内で2本立てを観ることができる貴重な…