tokyo.sora(β版)

ちょっとだけ、ブログ内の整理が進んだのでバージョンを上げます。日々のことを徒然と。映画の感想が多いですが、決して映画ブログではありません、 坂探索は、ケイゾク

お財布がない人生なんて、お財布.com

お財布.comは普段のお買い物やサービス利用が おトクになるサイトです。 貯めたお財布コインは現金や Amazonギフト券、 Tポイントなどに交換できます。 1日10分から簡単に始められる! \\簡単1分 無料会員登録しよう♪// お財布.com経由でお買い物すれ…

渋谷駅再開発#43【2018 6/21】

Macが修理から戻ってきたので、ブログを再開します。 1ヶ月半ぶりの渋谷駅再開発の定点観測です。 渋谷駅前交差点から。高さは、変化がないですが外見は大きく変化していました。あまりの変貌ぶりにビックリしました。 宮益坂下から。ヒカリエ側もだいぶ…

『キスできる餃子』

まだまだ、Macの調子は不安定ですが、とりあえず更新します。一昨々日のこと。試写会に行ってきました。 あらすじは、バツイチで子持ちの陽子は、地元の宇都宮に戻り、実家の餃子店の再建と育児に追われていた。ある日、陽子は、イケメンの新聞配達員の亮…

暫く・・・。

みなさん、薄々気づいているとは思いますが、Mac の調子があまりよくないので、しばらく更新はお休みします。 先週の山王祭神幸祭、カナダGP、観た映画など書きたいことは色々とあるのだけど、早急にに復旧するようにしますので、暫くお待ちを。

『紙屋悦子の青春』

あらすじは、昭和20年、東京大空襲で両親を亡くし、兄夫婦と暮らす悦子は縁談を勧められる。相手は密かに想いを寄せる明石少尉の親友、永与少尉。当日、緊張のあまりしどろもどろになりながらも、真摯な愛情を示す永与に悦子は好感を抱く。数日後、悦子は…

品川新駅(仮称)の駅名公募。

昨日、再来年暫定開業する品川新駅の駅名を公募することを発表しました。 www.jreast.co.jp 今年の冬には、決定して公表するようです。人気投票ではなく、応募されたものから厳選して決定するようです。一言、カタカナのビミョなセンスの名前だけはやめてほ…

八幡坂(はちまんざか)

【大田区仲池上】子安八幡神社に沿ってあるため、この坂を八幡坂という。坂下には子安橋がありともに神社からの由来する名である。 よかったと思ったら、クリックお願いします。 ←人気ブログランキングへ(東京都)

東京駅銀の鈴50周年。

今月の10日で、東京駅に銀の鈴が待ち合わせの場所として設置されて50年を迎えます。去年は、49年目のお祝いとして、3代目の鈴が展示されましたが、今回は歴代の銀の鈴が揃いました。 tokyosora.hatenablog.com 初代から3代目までの銀の鈴。初代だけ…

『あさひるばん』

あらすじは、浅本、日留川、板東は、宮崎県の高校の野球部で“あさひるばん”と呼ばれていた。それから30年。三人のもとに野球部のマネージャーで憧れの存在だった幸子の娘、有三子から「入院中の母に会ってほしい」と記された手紙がくる。故郷で再会した三…

救世軍渋谷小隊

【渋谷区恵比寿西1−20−5】設計:小島一浩+赤松佳珠子/CAt竣工年:2017年(平成29)2月Photo:2018年5月設計は、デザインアーキテクトが渋谷ストリームと同じところです。表の駒沢通り沿いには、ファザートにプランターを使ってい…

第6戦 モナコGP

1.D.リカルド(レッドブル)2.S.ベッテル(フェラーリ)3.L.ハミルトン(メルセデス)4.K.ライコネン(フェラーリ)5.V.ボッタス(メルセデス)6.E.オコン(フォース・インディア)7.P.ガスリー(トロ・ロッソ)8.N.ヒュル…

『小川の辺』

あらすじは、ある日、朔之助は藩から上意討ちの命を受けるが、その相手は何と妹・田鶴の夫である佐久間森衛だった。朔之助は佐久間を狙う道中に、幼いころから自分や妹と兄弟同様に育った若党の新蔵を連れて行くことにする。彼らの心に共に引っかかっていた…

ただいま、準備中。

今年は、2年に1回の日枝神社山王祭の神幸祭。これは、正確にいうと下町連合渡御の準備。6月8日神幸祭、10日下町連合渡御です。 よかったと思ったら、クリックお願いします。 ←人気ブログランキングへ(東京都)

『エイプリルフールズ』

あらすじは、人に対して恐怖心を抱いてしまう清掃員のあゆみは、一晩だけ関係を結んだ外科医の亘に対して、身ごもっていると打ち明ける。ところが亘は、エイプリルフールだからとあゆみの言葉に耳を貸さなかった。居ても立ってもいられなくなったあゆみは、…

清水坂(しみずざか)

【府中市分梅町】切り通しの坂道であるこの坂は、昔、この道の両側から清水がこんこんと湧き出ていたことに由来すると言われています。坂道のある府中崖線(特にハケ)あたりは、地下水の作用による浸食谷が発達しており、現在でも湧水を見ることができます。…

今日の一杯(5/19)

名酒センター@浜松町天鷹・2006年醸造・純米酒<純米>(栃木・天鷹酒造)長期熟成にも驚いたけど、90%精米にもびっくりしました。12年も熟成されているので、度数の割には味はまろやかでおいしく頂きました。 よかったと思ったら、クリックお願い…

『偉大なる、 しゅららぼん』

あらすじは、琵琶湖のすぐそばの町・石走で、先祖代々不思議な力を継承してきた日出一族。その跡取りで最強の力を誇るとされる淡十郎は、高校生でありながら住民からあがめられる殿様のような生活を送っていた。そんな彼のもとへ、分家の涼介が力の修行をす…

新国立競技場#3【2018 5/12】

去年の年末以来の新国立競技場です。いよいよ、工事も折り返しを迎えています。完成まで残り19ヶ月です。 東京体育館側から。前回よりも高くなっています。高さ的には、こんな感じで今は屋根の取り付け工事を行なっています。 外苑橋から。 明治神宮外苑ア…

第5戦 スペインGP

1.L.ハミルトン(メルセデス)2.V.ボッタス(メルセデス)3.M.フェルスタッペン(レッドブル)4.S.ベッテル(フェラーリ)5.D.リカルド(レッドブル)6.K.マグヌッセン(ハース)7.C.サインツ(ルノー)8.F.アロンソ(マク…

今日のスイーツ(5/12)

豆大福(¥238)東京三大大福の一つ表参道にある瑞穂。こちらは、群林堂と比べて、豆は控えめなのが特徴で、そのせいか上品な仕上がりになっています。おいしく頂きました。★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★瑞穂渋谷区神宮前6−8−7Open 8:30〜…

『風立ちぬ』

あらすじは、大正から昭和にかけての日本。戦争や大震災、世界恐慌による不景気により、世間は閉塞感に覆われていた。航空機の設計者である堀越二郎はイタリア人飛行機製作者カプローニを尊敬し、いつか美しい飛行機を作り上げたいという野心を抱いていた。…

梯子坂(はしござか)

【新宿区新宿】 坂道が急で、あたかも梯子を登るようであったため、梯子坂と名付けられた。★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★右側は、銭湯がありなかなか趣があります。 よかったと思ったら、クリックお願いします。 ←人気ブログランキングへ(東京都)

『きつねのはなし』

『きつねのはなし』 森見登美彦/新潮社 『きつねのはなし』『果実の中の龍』『魔』『水神』の4編からなる短編集。今回は、腐れ大学生などが出てこない、ちょっと怖い話です。夜行の時もだけど、森見さんの怖い話は、得体の知れない、なんともとらえどころが…

ぐてたまスマイルトレイン。

先日、ぐてたまスマイルトレインを撮ってきました。 ぐてたまスマイルトレインとは、西武鉄道が「スマイルトレイン10th×ぐてたま5th記念キャンペーン〜レールの上にも10年、白身の上にも5年〜」と言うキャンペーンの一環として、走行させています…

お財布がない人生なんて、お財布.com

お財布.comは普段のお買い物やサービス利用が おトクになるサイトです。 貯めたお財布コインは現金や Amazonギフト券、 Tポイントなどに交換できます。 1日10分から簡単に始められる! \\簡単1分 無料会員登録しよう♪// お財布.com経由でお買い物すれ…

『プール』

あらすじは、さよはタイ北部、チェンマイのゲストハウスで働く母を訪ねる。4年前、祖母にさよを預けて旅立った母は小さなプールのある場所で、 オーナーの菊子や手伝いの市尾らと楽しそうに過ごしている。そこにはタイ人の少年も同居しており・・・。 あま…

第4戦 アゼルバイジャンGP

1.L.ハミルトン(メルセデス)2.K.ライコネン(フェラーリ)3.S.ペレス(フォース・インディア)4.S.ベッテル(フェラーリ)5.C.サインツ(ルノー)6.C.ルクレール(ザウバー)7.F.アロンソ(マクラーレン)8.L.ストロール…

渋谷駅再開発#42【2018 5/1】

渋谷駅前交差点から。高さとしては、それほど変化はないですが、ガラス面が増えたり、シートが取れたりとか外見に変化があります。 宮益坂下から。この角度からも色々な変化が見られます。 渋谷警察署前歩道橋から。とりあえず、この場所で固定して観測しま…

宮前坂(みやまえざか)

【大田区東雪谷】雪谷八幡神社の前の坂であるため、宮前坂と呼ばれるようになったと言われています。なお、坂下の呑川にかかる橋も宮前橋と名付けられています。 よかったと思ったら、クリックお願いします。 ←人気ブログランキングへ(東京都)

『娚の一生』

あらすじは、キャリアウーマンとして仕事に忙殺されながら、心が締め付けられるような恋愛をしていた堂薗つぐみは、祖母が亡くなった後に東京から田舎の一 軒家に引っ越してくる。そこへ彼女の祖母を慕っていたという大学教授・海江田醇が現れ、強引につぐみ…